透明なうみが溜まる水ぶくれの症状とバルトレックス

悩んでいる男

細菌や真菌、ウイルスによる感染症としては、さまざまな種類のものがあります。
たとえば透明なうみのようなものが溜まっている小さい水ぶくれが多数出現して、かゆみ、痛みなどがあるようであれば、それはヘルペスとよばれる感染症である可能性が高いといえます。

このヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスとよばれる目には見えない微小なウイルスが原因となっているものです。
水ぶくれがつぶれたときに出る透明なうみのようなもののなかには、実はこの単純ヘルペスウイルスが増殖したものが多数含まれているため、不用意に手でさわったりして感染を拡大させないようにしなければなりません。

単純ヘルペスウイルスが引き起こす病気としては、口唇ヘルペスと性器ヘルペスが代表的なものですが、これはウイルスのタイプの違いと、発症する部位の違いによるものです。
すなわち、口唇ヘルペスのほうは、口のまわりやくちびるにかけて、この小さな水ぶくれができ、しかもウイルスのタイプはI型とよばれるものになっています。
いっぽう、性器ヘルペスのほうは、性器や周辺が感染部位であって、ウイルスのタイプはII型となっています。

このように、口唇ヘルペスと性器ヘルペスとは、病気としては異なる区分がなされていますが、治療方法についてはおおむね同じです。
ヘルペスの治療にあたっては、バルトレックスのような抗ヘルペスウイルス薬を服用するというのが一般的です。
抗ヘルペスウイルス薬のバルトレックスは、服用するとウイルスに感染された細胞にはたらきかけて、内部でウイルスがDNAを複製して増殖をつづけるのを阻害するといった作用があります。
そのため、被害が拡大することなく、症状も改善するというわけです。

関連記事
人気記事一覧