バルトレックスのジェネリックって?

薬を持つ人

年に数回ヘルペスを発症する人であれば、知っている医薬品がバルトレックスになります。
ヘルペスは一度感染してしまうと、完治させることができません。

大人しい時は神経節に潜んでおり、免疫が落ちたり、風邪や感染症に罹り発熱で消耗しているときに、活動を開始させます。
ただでさえ辛い時期であるのに、ヘルペスが活動することで、気分が落ち込みやすくなります。

口唇にできた場合は、食事をとるのも痛みを感じ、またたとえ治ったとして口唇自体のヘルペスが収まらなければ、見た目が気になってしまい外に出にくくなることもあります。

そのようなことを防ぐためにも、ヘルペスができそうなときにこそ服用したいのがバルトレックスです。
ただこの医薬品は、処方を受ける時最大で5日分しか処方されません。

また再発する場合は無制限で処方してもらえますが、年に6回再発を繰り返さなければならないと言った制約もあります。
このように細かい制約がないと、保険診療で処方してもらえません。

念のために常備薬として持っておきたい場合、保険を使えないことから、高い医療費が掛かります。
そんなときにこそ、利用したいのがネットで購入するジェネリック医薬品のバルトレックスになります。

インドの製薬会社が製造しているバルトレックスであり、日本で処方される医薬品と成分は同じになりますので、効能も同じです。
クリニックで処方されるよりも、安い価格で購入することができますので、常備薬として最適になります。

ヘルペスは体験したことがある人にしかわからない苦痛です。
だからこそ、常備薬でもしもの時に備えておくことが大切です。
あの苦痛を感じたくないのであれば、ジェネリック医薬品で準備しておきましょう。

関連記事