バルトレックスで症状の悪化と発疹について

バルトレックスはヘルペスの治療のための内服薬です。
性器ヘルペス・口唇ヘルペスのどちらにも効きますし、再発予防も行なってくれます。
バルトレックスに含まれる塩酸バラシクロビルという成分が発疹やヘルペスの原因ウィルスを攻撃し、悪化を防いでくれるのです。
早めに摂取すればするほど症状を軽くすることができます。
水疱瘡の薬としても利用されています。

それぞれの症状に合わせて決められた量を1日数回服用すれば、吸収率が高い薬なので、高い効果が期待できます。
副作用も少ない薬ですが、副作用がまったくないというわけではありません。

高齢の方や腎臓の働きが悪い方は服用間隔を伸ばす必要があります。
腎臓に既往症がある場合には服用を検討する必要があります。

通風や胃の薬・免疫抑制薬などと一緒に服用すると副作用が出やすくなるので注意が必要です。
妊婦さんや授乳中の人も避けておいたほうがよいでしょう。

バルトレックスの副作用としては下痢や吐き気・腹痛や頭痛などがあります。
眠気やめまいが出る場合もありますし、発疹を防ぐために飲んだにも関わらず、逆に副作用で発疹が出てくるというケースもあります。

医師の処方箋を守って服用し、素人の勝手な判断で増量したり減量・中止をするのはやめておきましょう。
何らかの悪影響が出た場合には早めに医師に相談する必要があります。

ヘルペスは完全治癒が難しい病気です。
一度発症すると体内にウイルスが残存するため体調により再発するのです。
病院で処方されるのは最低限の量なので、もしものために個人輸入や通販を通じて安く購入して常備しておいてもよいでしょう。
くれぐれも安さだけで選ぶのではなく、信頼できるサイトのものを利用するようにしましょう。

関連記事